足を細くするための痩身法

日本女性の足の美しさも、どんどん向上してきて、ミス何々のコンテストでは、まぶしいくらい見事な足が並びます。男性にとって、女性の足は魅力のある部分です。それだけに、足の太い女性は大きなコンプレックスを感じ、「足を出して歩けない」と悩みます。いったい、なぜ足が太くなってしまうのかと言うと、一口で言えば、水分がたまっているからです。

この水分を対外に排出させてしまえば、足はどんどん細くなるはずです。そのために効果的な痩身法が「足もみの法」です。この痩身法で1週間ほどもんでいると、血液はスムーズに流れて、それにともなって足の水分は体外に排出されます。そればかりではなく、40代以上の中年女性などには、よく静脈瘤という青い血管の浮き出しが見られますが、こうした静脈瘤に対しても大きな効果があります。

片足を伸ばし、その上にもう一方の足を置き、足の指を親指から小指まで、ゆっくりともんでいきます。5本の指に手のひらをかけて、前後に運動させます。そして足の裏全体を、両手の指でしっかり指圧します。くるぶしを右に回し、また、左に回して、反対の足も同じようにします。

毎日この足もみ法を、ひまを見つけてやるようにすると、スポーツクラブなどで無理に足を細くする方法より、はるかに痩身の効果が大きいのです。しかも、お金もかかりません。ボッテリした感じの足でも、この方法で、スラリと引き締まった足に変えることができるのです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *